看護婦用語
あ行〜な行

は行以降はコチラ


>>>あ行


--→アッペ
盲腸


--→アポる
脳卒中で倒れる事を指す


--→アイテル
褥瘡や創などからの排膿 


--→アウス
人工妊娠中絶


--→明け
夜勤が終了する事



--→アストマ
喘息



--→
アナムネ
ドイツ語「アナムネーゼ」の略
患者本人やその関係者から入院までの経過を聞く事


--→アテレク
肺の一部に空気が入らない状態


--→アドミッション
入院


--→アフタ
口内炎


--→アレスト
心停止
モニター心電図が一直線になっている状態



--→アンギオ
血管造影


--→アンビュー
送気バッグ
人工呼吸時に用いる器


--→アンプル
注射用薬剤の入れ物
ガラス瓶状のもの


--→アンプルカット
アンプルをカットして、注射器で中の薬液を吸い出す事
但し不慣れな看護学生にとっては至難の業・・・
私も幾度となくアンプルをカットせず、自らの指をカットした経験あり!


--→入り
深夜勤務に入る事
日勤勤務後、一旦家に帰り、同じ夜、再び夜勤として勤務する事
かなり体力的に大変!

--→胃カメラ
上部消化管の内視鏡
ファイバースコープ


--→陰洗
陰部洗浄の略
寝たきりの患者や術後自分では出来ない患者に対して看護婦が陰部の洗浄を行う



--→イン・フォームド・コンセント
「説明と同意」
患者自身が自らの疾患・治療方針を理解し、
医師と対等の立場で話し合い、納得した上で今後の治療にあたる事
しかし現状ではまだまだ患者と医師の立場の違いは大きい


--→ウロ
[英]urologyから
泌尿器科の事


--→ADL
日常生活動作
看護婦は絶えず患者のADLの維持・向上につとめ、各個人に応じた援助を行っていく 


--→エコー
超音波


--→エッセン
食事の事
ドイツ語で隠語的に用いられる



--→エイズ
AIDS:後天性免疫不全症候群


--→エピ
硬膜外麻酔


--→エント
退院。ENTと記す



--→オペ
手術の事
オペレーションの略


--→オーベン
[独]obenから。上級医師の俗称


--→オンコール
呼び出し
手術室や検査室から患者の呼び出しがかかる事
開始時間不定の場合


-----------------------------------------------------------------


>>>か行



--→カルチ

「Ca」と書く事もある



--→カイザー
「帝王」・・・つまり帝王切開の事


--→ガーグルベー スン
うがい用の受け皿
自分では起きあがってうがいが出来ない患者など、ベッド上でこの受け皿に吐き出す



--→カニューレ
酸素を吸入する為、鼻腔に挿入する管


--→カマ
下剤
酸化マグネシウム:「化」と「マ」を取って「カマ」と言う



--→カリョウ
抗ガン剤による化学療法の事


--→キープ
点滴時、指示量を24時間かけて注入する事


--→ギネ
婦人科


--→急変
患者の状態が急激に悪化して、ショック状態にある事


--→駆血帯(くけつたい)
採血をする時に、患者の静脈の血液をうっ血させるために 用いるゴム


--→クラーク
医療事務


--→グリカン
グリセリン浣腸
「GE」と記載する



--→クランプ
けいれん


--→グル音
腸の蠕動運動の音
「Gul音」と記載する


--→クレンメ
点滴の調節器具
滴下速度・量を調節する



--→クロスマッチ
輸血血液と患者の血液の適合性を調べる検査


--→血ガス
血液ガス検査


--→ケモ
抗ガン剤の事。化学療法



--→コアグラ
排液や尿に血塊が混ざっている状態


--→コート
便。「Kot」と記載する


--→コッヘル
チューブなどを挟む器具
手術では日常的に用いられる器具



--→コンプライアンス
医療者の指示に従う事
従わない者を「ノン・コンプライアンス」と言う


-----------------------------------------------------------------


>>>さ行


--→採血(さいけつ)
人の腕に針を刺し、血管内の血を抜き取るという医療行為


--→サクション
吸引
主に患者の痰を引く事を指す
口や鼻から吸引する
専用の機器を用いる
これを怠ると痰詰まりでステる事もあるという大事な医療処置



--→サーフロー
静脈留置針
内筒と外筒の二重構造になっており、外筒のみを血管内に留置する
外筒はテフロンで出来ており、長期間の留置にも耐えられる


--→サマリー
患者の転院時、先方に宛てて患者の状態を記した文書
複数の受け持ち患者が一度に転院する場合、担当看護婦は死にものぐるいでサマリー制作に明け暮れることとなる



--→三活(三方活栓)
点滴ルートの途中に置き、そこから薬剤を注入する為の小さな器具
急性期の場合、1つのルートにこの三活がいくつも付いている


--→シーネ
骨折時に安静を保つ為に固定ある為の板状の道具
ベビー用シーネは驚くほど小さくて可愛かったりする



--→シャーカステ ン
レントゲン写真を見る為の電灯付きの器具
ドラマや実際の診察現場で度々目にする


--→シバリング
悪寒


--→常食
普通食


--→シリンジ
ガラスの注射器
使い捨ての物は「ディスポ」と言う



--→心マ
心臓マッサージ


--→ステート
聴診器
聞く音、対象によりいろんなタイプや値段があり、こだわりの私物を所持する医師や看護婦もいる
様々なカラーの物が販売されており、看護婦にとっては一種のファッションと化している



--→ステルベン
死亡
「ステる」と表現する



--→ストマ
人工肛門


--→ストマック



--→挿管
呼吸確保の為、気管内に管を挿入・留置する事
全身麻酔時は当然挿管する
但し、患者は既に麻酔導入後に行われる為、痛みはない・・・はず。
しかし・・・下手な麻酔医の挿管は怖くて見てられない!


-----------------------------------------------------------------



>>>た行


--→タキる
頻脈


--→ターミネーション
産科的早産


--→ダンポウ
弾性包帯


--→直腸診(ちょくちょう しん)
普通、前立腺や直腸の指先による診察を指す


--→ツッカー
ブドウ糖
色々な濃度のものがある
5%なら「5プロツッカー」と言う



--→ディスポ
使い捨て・ディスポーザブルの略
注射器・手袋・シーツ・カテーテルなど、様々な製品がある
手術室で用いられる物は全てこれ
最近では特に感染防止の観点から、主に使われるようになってきた
しかし一方では、ゴミの増量、処理法の問題、それからくる医療廃棄物不法投棄等の問題も深刻であ る


--→ディメンツ
痴呆


--→摘便(てきべん)
状態の悪い患者・自己排便の困難な人に対し行われる屈辱的な看護処置
肛門から手袋をした指を突っ込み、便を掻き出す
する方もかなり度胸を要する
私はまだ未経験(^〜^;)ゞ


--→デクビ
褥創(じょくそう):床ずれ
栄養状態の悪い患者+看護体制の悪い病院の条件で著しくできやすく、その場合は極めて治りにくい
敗血症等の感染症原因創になり、時に死因となりうる創傷
頻繁な体位変換が何よりの予防策


--→デルマ
皮膚科


--→ドレナージ排液法
排液管は「ドレーン」と言う
手術後、体内の浸出液などを排出させる為、術部内にドレ ーンを留置することが多い


--→トンボ
点滴に用いられる翼状針
針に翼が付いている為穿刺しやすく、短時間の点滴に適している



-----------------------------------------------------------------


>>>な行


--→ナースキャップ
「白衣の天使」の象徴ともいえる必修アイテム!?
しかし最近では不衛生・点滴にキャップが当たるなど・・・業務に支障があるなどの観点から廃止されている病院も多い


--→ナート
縫合
創傷部を縫い合わせること


--→ナチュラル・コース
自然死
終末期の患者に対して、無理な蘇生は行わないということ


--→尿道(にょうどう)
オシッコが通る管状器官


--→ネラトンカテーテル
主に導尿時に用いられる管
ちなみに、導尿とは・・・自分で排泄が困難な場合、尿導に直接カテーテルを通し、尿意に関係なく排尿させる事
全身麻酔の場合は必ず行う。
但し麻酔導入後、患者の意識消失後に行うので苦痛はない。
出産時も行うことがあるが、これは麻酔をせずに行う為、かなり痛みを伴う。