〜 あれから4年経った今 〜
久し振りの日記となってしまいました。
なんと前回の日記は去年の3月だったんですよね(;^^)

またまた言い訳になってしまうかもしれませんが・・・。
私自身、ここ半年は自分のこのHPを見る気が起きなくて・・・。
なんだか敢えて避けていたというか。
でもサーバー様は、こんな管理不行き届きのHPを削除する事なく、残して下さり、感謝致します。
やっぱり私にとっては大切な場所だから。。。


私がこのHPを敢えて「自己表現の場」として躊躇するに至った理由。
実は、職場の同僚の1人が、ネットサーフィンして偶然このサイトを見つけてしまったから。
ちょうど去年の春頃の事です。
相手の同僚は、何気なく「“LOVE BOX”とかいうサイト・・・もしかして○○さんのじゃない?」と、開口一番私に耳打ちしてきました。
最初は思わず自分の耳を疑ってしまいました。
莫大な情報が溢れかえるネットの世界に於いて、何故運悪く私のサイトに辿り着き、ましてやそれが職場の同僚だったの!?と。

もちろん何かの弾みで(今回のように)遅かれ早かれ、身近な人にこのサイトの存在を知られてしまう事は予測はしていました。

が、私は未だ周囲の誰しも父の事は言ってはいません。
それが良い事か悪い事か・・・。
それは人それぞれでしょうから、敢えて他人に自分の悩みを相談したりする事が良いとか悪いとか、そんな事は別段問題ではありません。
ただ、少なくとも私はそうやってこれまでの間過ごしてきました。
職場ではそういう辛い経験を表出する事なく、片意地張って生きてきた分、確かにこの4年間、精神的にも辛かったですし、ふとした時、誰かにこの胸の内を伝え分かってもらいたい・・・何度そう思った事でしょう。
でも、私にはやっぱりそれだけは出来ずにいました。

そんな中での今回の出来事でした。

父との事を含め、私は努めてこのサイトではその時の自分自身の「気持ち」を正直に綴っていたつもりだったので、やはり身近な誰かにこのサイトを読まれていると知った時、もうこれまでのようには綴れないなぁ・・・と。
正直、悲しかったのです。
唯一の自己表現の場を失ってしまったという事に。


その同僚からは、その日以来、このサイトについては何も口にされる事はなくなりました。
が、1年近く経った今でも、私にとっては残念な出来事として深く残っています。


そんな出来事からもうすぐ1年近く経とうとしています。
そしてそれ以上に、癌告知(2001.1.23)から4年目を迎えました。
これは私達家族にとっては本当に嬉しい事です。
と同時に、やはり父の病状もかなり深刻なものとなってきました。
それは傍目にも分かるほどにまで・・・。

これからの1日1日・・・。
きっと、これまでの4年間のそれとは全く異なるものとなるような・・・そんな予感さえしてしまいます。
父との限られた時間を娘として精一杯大切にしていきたいと思っています。
そしてそんな「今」の「気持ち」をやっぱりこの場を通じて表現していく事こそが、私にとって自身を省みる大切な時間でもあると思っています。


春。暖かい春の日差し・・・。
私の1番好きな季節です。
今年の桜、父とまた一緒に見たいです。
今はただそれを願ってばかりの毎日です。


2005.1.23